他人に何かを伝えるためには、まず、伝えようとすることをきちんと理解しておかなければなりません。

 具体的には、人の話を聞く力、文章を正確に読む力などになります。

 我々は、これを「情報収集力」といいます。

 つぎに伝えたいことが明確になれば、どのようにすればうまく伝えられるのだろうかということを工夫する必要があります。

 具体的には、漢字力、語彙力、文章作成力を指しますが、何よりも相手を思いやる気持ちが大切です。

表現力育成講座

 我々はこれを「情報伝達力」といいます。

 ですから、表現力を磨くには、この2つの能力を高めることが大切になります。

 その一貫として、ひのき塾では、「三角形の3つの角の和が180度になるのはなぜ?」「1+1=2は、本当?」など様々なテーマをもとに意見を出し合い、他の人の考え方に触れながら、自らの考え方を作り上げて発表する、といった授業を展開していく中で、2つの能力を伸長させていきます。

小学部のカテゴリーを選んでください。