TOPに戻る

見学・相談申込み

ひのき塾ブログ

BLOG

奈良教育大学附属中学校 H.26入試を占う①
奈良教育大学附属中学校

ひのき塾 上本町教室 2017夏期講習より新規開講!

奈良教育大附属中学校は、併設高校がないため必然的に高校受験が入学後の目標となります。そのため、生徒の勉強への意識は高く、毎年優れた合格実績を生み出しています。ただ、生徒全体の平均レベルが高いため、内申点がとり難くなることを懸念される方も多いようですが、相対評価から絶対評価となったことで、かなり緩和されてるようです。

直近4年の受験者数の平均とH.25入試の受験者数を比較してみましょう。

男子  4年平均…101.5人  H.25…99人  → -2.5人
女子  4年平均…141人   H.25…150人 → +9人

根強い人気ぶりを表していますが、H.26入試では、変化が起きそうです。その理由は、2つあります。1つ目は、青翔中学校の新設です。青翔中学校は、中高6年一貫校として、御所市に誕生します。定員は40名で、多くはないのですが、専願のみの募集で、2月1日入試2月4日発表となることから、2月6日入試である奈良教育大附中としては、青翔中学の影響を少なからず受けそうです。
もう1つは、通学圏の変更です。来年度から大阪府などが通学圏から除外され、奈良県と京都の一部だけとなります。このことによる受験生の減少は必至で、競争率の緩和が期待できます。

入試レベルを分析します。駸々堂テストにおける合格者の70%が出そろう偏差値は、

男子 H.23 H.24 H.25
48 49 53.5
女子 H.23 H.24 H.25
49.5 51 52

男女とも明らかに難しくなっています

合格を勝ち取るためには、どのような勉強が効果的なのでしょう。

奈良教育大附中の入試科目は、

国語(20点、30分)算数(20点、30分)理科(20点、20分)
社会(20点、20分)作文(20点、40分)の合計100点満点

となっており、基本的な出題が多いのですが、時間が短いため、点を取るための作戦力やスピード、正確性が要求されます。また、作文は、書き方のルール等を把握しておくことが大切です。

国立中学入試に対し、的を得た学習を行うのは当然ことですが、速読、作文教室、パズル道場などの学習を併せて行うことが効果的です。

見学・相談申し込みなど
お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ