TOPに戻る

見学・相談申込み

合格者の声

SUCCESS VOICE

2019年度

奈良教育大学附属中学校 合格 学園前教室 F.Kくん(二名小)

no image

 ぼくは、ひのき塾に入って算数を頑張りました。例えば、e-トレで算数の単元を復習したり、自分から宿題に出されていないところを自習したりしました。そのときに、解き方や、答え合わせなどをひのき塾の先生はしてくれました。また、冬の勉強合宿や夏の勉強合宿があって、3つのクラスに分かれてみんなで切磋琢磨しました。そのおかげかとても学力が伸びていきました。入試直前はあまり特別なことをせず、睡眠中心で体の調子をととのえていくことが大切だと思います。もし、受験校に落ちても、きりかえて次の受験校に向かっていったらいいと思います。
 これから、受験する人は算数を中心に勉強していったらいいと思います。速さや、比や水量変化を勉強していったらいいと思います。

奈良教育大学附属中学校 合格 学園前教室 K.Mさん(伏見小)

no image

 わたしが受験勉強で特にがんばった教科は算数です。
 わたしがひのき塾に行き始めたのは、小学5年生の冬期講習です。はじめは中学受験をする予定ではなかったので、家では全く勉強をしておらず、塾の勉強もあまりついていけず、何から勉強したら良いのかがわかりませんでした。ですがある日、一人の先生が「中学受験で大切なのは算数だ」と言っていたので、そこから私は算数を勉強するようになりました。わからないことは先生に聞いたり、私の姉に聞いたりして少しずつ苦手をなくしていきました。成績は思い通りには、なかなか上がらないときもありましたが、わたしは努力のおかげもあって、奈良教育大学附属中学校に合格することができました。あの時の感動は今も忘れません。わたしを合格に導いてくださったひのき塾の先生方に感謝します。

奈良女子大学附属中等教育学校 合格 学園前教室 E.Sくん(石切東小)

no image

ぼくは、5年の最後にひのき塾に入り、受験勉強を始めましたが、塾に入ったときのぼくは全く頭がよくなくて、ついていけるか心配でした。このままではクラスについていけるかどうかはもちろん、受験に受かるかまで不安になったぼくは、国算理社の基礎を固めることに加えて、女子大附中に大事な表現を重視しつつ勉強するように方針を決めました。その結果、塾の表現の授業でαにいくことができました。そして受験当日になりました。受験直前までは少し緊張していたけれど、受験なんてただのテスト、と軽く思うことによって落ち着いて受けることができました。ひのき塾ではない他の塾に行っている友達も奈良女子大附中を受けていたので、合否を聞いてみると不合格だったと聞いて驚きました。理由は、その子が自分より頭が良かったからです。その子は表現が苦手だったそうなので、奈良女子大附中では、偏差値ではなく、表現の方がかなり大事と改めて思いました。だから、頭がそこまでよくない人でも、表現を伸ばせば最後に逆転できるかもしれないので、あきらめない心が大事だと思いました。

大阪教育大学附属天王寺中学校・奈良女子大学附属中等教育学校・奈良学園中学校 合格 郡山教室 K.Mさんさん()

no image

私は、1年生の時からひのき塾に通っていて、4年生から受験コースに入りました。5年生から表現の授業も始まりました。授業が増え、大変でしたが、宿題をしっかりとこなしていくうちに、実力が付いてきました。

 6年生になると国語と算数の授業前に毎回補習があり、間違えたところをやり直して、先生に提出するとアドバイスを書いて返してくれました。

 私は、作文が苦手だったのですが、授業の後に残って先生に作文の書き方を教えていただき、少しずつ作文が書けるようになっていきました。

 苦手を克服したおかげで、6年生の冬の合宿で行われた模試では、全体で1位を取ることができ、とても自信がつきました。本番の試験でも焦らず慎重に問題を解くことができました。

 合格発表を見たときは実感が湧かなかったのですが、受験した3校全てに合格できたことがとても嬉しいです。

奈良女子大学附属中等教育学校 合格 上本町教室 T・Mさん(舎利寺小学校)

no image

「番号あったよー!!」

奈良女の合格を母に電話で伝えられた時、すぐに信じられませんでした。

私が入塾したのは、小6の6月でした。受験に興味はあったものの受験をしようと決めたのが小6になってからと遅く、本格的な勉強もしていなかったので、最初は分からないことだらけでした。その時、習っていた単元も基本を知らなかったので、

「本当に出来るようになるのかな・・・?」と

とても不安でした。でも、ひのき塾の先生に最初から教えていただいたおかげで、その不安も消えてきて、教室のみんなともなじめるようになりました。

6月の天王寺模試はいい結果ではなく、夏の合宿では一番下のクラスであまり自信がありませんでした。でも、次の日のクラス替えで一つ上のクラスに上がれて、9月の天王寺模試も自分で立てていた目標の合格率70%をこえることができて、少しずつ力がついてきている人だなと思いました。

寒くなってくると過去問に触れる機会も多くなって、受験モードになりました。そして、あっという間に冬の合宿の日になりました。クラス分けテストも、実際に解いていると、

「夏とは本当に変わったな」

と思いました。結果も夏より上のクラスに入ることができました。

そしてすぐにきた、附属天王寺の入試日。テストは一瞬で終わったように感じました。私立の入試日が、一時試験の合否発表の日でした。結果は不合格。すごくショックでした。私立は合格でしたが、まだ奈良女と平野の入試が残っていました。私は、このままではほかの学校も残念な結果になると思い、気持ちを切り替えて、がんばろうと決めました。

そして奈良女と平野の一次試験の日、あせることなく、冷静に問題が解けました。その結果、合格を勝ち取ることが出来ました。

ひのき塾で勉強して、本当によかったと思います。家族にも先生方にも友達にも、とても感謝しています。

大阪教育大学附属天王寺中学校・奈良学園中学校 合格 郡山教室 U・Mさん(真美ケ丘第2小学校)

no image

受験で一番大切なのは、「忍耐」と周りに流されない強い「意志」だと思う。

がんばっても思うように模試の結果が伸びない時、できない問題から目をそむけたくなる時、そんなときは、どうか自分を信じて耐えて努力し続けてほしい。志望校を簡単に変えずに最後の最後までやった方が、きっと後悔しないと思う。

そのために、復習をしっかりする事が大切だと思う。できなかった所を後回しにせずに納得するまで解いてみる。志望校の赤本を覚えるくらい解いてみる。

後は、志望校に合格したイメージをふくらませてモチベーションを高めることだ。周りの人が良い事ばかり言わなくたって、最後に勝利をつかむのは自分自身だ。

奈良女子大学附属中等教育学校・同志社女子中学校 合格 郡山教室 Y・Aさん(畝傍東小学校)

no image

私は、奈良女子大附属中学校、同志社女子中学校の前期と後期をうけて、全て合格しました。

私は、塾の宿題を有効的に活用して学習しました。なかなか自分から進んでしている学習とは言えないかもしれませんが、授業外で勉強できる宿題はとても便利で、とても実力がつきました。

また、塾の友達も大切な存在です。わからない所を相談したり、一緒に宿題を考えたりしていく中で心の支えとなりました。

合格した時、うれしいという感情がすぐに湧き上がってこなかったのが不思議でした。もしかすると心のどこかで、「合格する」と信じていたから、当たり前に思えたのかもしれません。

これからも勉強を頑張りたいと思います。

大阪教育大学附属天王寺中学校・奈良女子大学附属中等教育学校 合格 郡山教室 K・Yさん(伏見小学校)

no image

 私は、小5の春に入塾しました。私は、塾というと怖いイメージがあったのですが、先生はとても面白く、授業は楽しく、友達は優しく、すぐにひのき塾になじめました。

 ひのき塾のそっくり模試では、得意の国語で1位になることが何度かありました。そのおかげで5年生の間は、総合成績でトップテンに入ることもありました。

 しかし、小6生になってから、理科と社会への苦手意識を持ってしまい、総合の成績が悪くなってきました。そんな時、eトレを使い重点的に復習しました。わからなかったところは、すぐに先生に質問しました。先生はていねいに教えてくれました。

 その結果、冬の合宿では、夏と同じように一番上のクラスに入ることができ、さらに、そっくり模試では2位に入ることができました。

 また、冬の合宿で取り組んだメンタルトレーニングのおかげで、本番でも集中して実力を出し切ることができました。先生方、本当にありがとうございました。

奈良女子大附属中等教育学校 合格 郡山教室 中村 佳愛さん(明治小)

no image

私が奈良女子大附属中学校に合格できたのは、ひのき塾に通っていたからだと思います。

 私は、5年生の時に入塾しました。初めは、宿題や授業時間に戸惑いましたが、徐々に慣れてきました。

 6年生になり、より本格的な受験勉強が始まりました。この頃には、私は算数が苦手だということが分かってきて、克服しなければ合格は難しいと言われました。しかし、私は、一冊のノートでその苦手を克服することができました。それが、「復習ノート」です。授業で間違えた問題を復習ノートに書いて「何を間違えたのか」そして「どうすれば間違えを防げるのか」を考えました。1週間に1回提出すると、必ず先生がアドバイスやメッセージを書いて下さって、少しづつ自信がついて来ました。

 こうして私は緊張することもなく、冷静に受験し、無事合格することができました。これは、ひのき塾での努力の賜物です。本当にありがとうございました。

大阪教育大学附属天王寺中学校 合格 上本町教室 真鍋 陸くん(岩田西小)

no image

真鍋 陸

僕は、「合格」という結果を手にできたのは、ひのき塾のおかげだと思います。

ひのき塾は、お母さんが「この塾以外、合わなそうだった。」と言って見つけてきてくれたものでした。

最初は授業内容が分からないこともありましたが、だんだん分かってくるようになりました。8月の実力テストでは、全体で33位でしたが、その後、ひのき塾が自分に合っていたのもあり、勉強が楽しく感じるようになりました。

自分に合った勉強方法でどんどん勉強を進めることが出来るようになったおかけで10月の実力テストで2位をとることができました。そのことで、とても自信がつき、さらに勉強が楽しくなりました。それと同時に不安も消えました。

 入試本番では、必ず合格するという自信がありました。合格したときは、とてもうれしかったです。

ひのき塾だからこそ、僕は合格できたのです。

大阪教育大学附属平野中学校 合格 学園前教室 M.Aさん(鳥見)

no image

 私は、第一志望の大教大附平野中に合格しました。私は、小学4年生のころに塾に入りました。その頃は、志望校を決めることもなくのんびりと過ごしていました。しかし、5年生になると、周りの人はもう志望校を決めていて私だけおくれていると感じました。そのとき、姉が通っている大教大附平野中に興味をもちました。それから、体育祭や文化祭などいろいろな行事を見に行ったり、説明会で話を聞いたりしていくうちに、大教大附平野中に絶対に行きたいと思うようになりました。大教大附平野中は社会が難しいと聞いていたのに、私は社会が苦手なので、e-トレで特訓しました。そして受験初日は第二志望の学校でした。合格発表で何度も自分の番号を探しましたが、ありませんでした。その後も第三志望の学校に落ち、国立に後がない状態で受けた第一志望の大教大附平野中ですが、合格発表で自分の番号を見つけたとき、喜びと安心が湧き上がってきました。ひのき塾の先生には心から感謝しています。

奈良女子大学附属中 合格 奈良教室 O.Tくん(佐保小学校)

no image

 僕は、奈良女子大附属中学校の合格を成しとげた。そこにはいろいろな人助けがあったからこその合格である。親や仲間、もちろん先生方に助けがあったからである。しかし、僕は一番の合格の秘訣は、「自分の努力」だと思う。いくら先生の授業がわかりやすくても、自分のその後の復習や宿題、つまり努力がなくては学力は伸びない。
 また、こんな経験もした。僕は試験直前、不安どころが楽しみだった。この気持ちは、努力からと考える。今まで自分が積み重ねてきた努力を信じられ、不安がなくなるほど、積み重ねてきたからだ。
 もう一つ、大切なことがある。それは、あきらめないことである。もし、ある問題がわからず、誰かに教えてもらっていたら、自分の伸びるチャンスを自分で捨てているのと同じではないかと思う。その問題を考えつづけ、わからなくても、必ず自分にとって利益となる。
 僕自身、試験直前は見直しを最後までやり、その見ていたところが問題に出題された。やはり、ねばり強く最後まで諦めずにやると、直接結果として、実を結ぶこともある。
 このように合格への道は努力と、諦めない心が大切になってくる。

大教大附天王寺中 奈良女子大附属中 合格 奈良教室 H.Mくん(椿井小学校)

no image

 僕は5年生の始めあたりからひのき塾に入塾することとなったが、入塾テストの国語であまり記述することができず、今の実力を痛感した。さらに、志望していた女子大附中は、国算理社の四教科すべてに記述問題が含まれていると聞いて、合格できるのだろうかと不安になった。
 しかし、ひのき塾は合格に向けて様々なことを教えてくれた。算数では、苦手な和差算、国語では接続語や心情といった解くコツを身に付け、わからない問題も冷静に取り組めるようになった。また、女子大附中に向けての表現対策として、実際の入試の過去問や、模試などをバンバン解かせてもらった。間違えた問題には、わかるまで先生たちも熱心に教えてくれたので、表現の解き方、書き方をたたきこむことができた。他にも、合宿や直前特訓などの色々な対策を通して、どの教科も太刀打ちできるようになり、自信がわくようになった。
 このような事前準備をしっかりできたおかげで、僕は本番でも、普段通りの気持ちで受けることができ、見事合格することができた。とことん付き合って一緒に苦手をつぶしていって、自信をつけてきれたひのき塾の先生方には、とても感謝している。中学でも変わらず、勉強を続けて頑張っていきたい。

奈良登美ヶ丘中学校 奈良女子大学附属中 合格 奈良教室 N.Hさん(奈良教育大学附属小学校)

no image

 私はひのき塾に入ってよかったと思えたことは、主に2つあります。1つめは、空気です。この空気は、休み時間に遊んでいるような空気ではなく、休み時間にでも勉強をするというような空気だったので、勉強をしやすかったところがよかったと思いました。
 2つめは、合宿、そっくり模試などがあったことです。勉強合宿では、ほとんど1日勉強ですが、わかりやすい授業やメンタルトレーニングなどの受験に関係することでした。また、息抜きの時間もあったので、集中して授業にとりくむことができました。勉強合宿の実力テストやそっくり模試では、奈良女子大に近い問題が出るので、練習ができるのと同時に、自分は問題が解けるという自信にもなったところがよかったと思います。
 この2つがあったことで、成績がのびたと思うし、ひのき塾に入ってよかったと思いました。

大教大附属天王寺中 奈良女子大附属中 合格 奈良教室 N.Aさん(佐保小学校)

no image

 私は大教大天王寺と奈良女の二つに合格した。私が合格できたのは二つの理由がある。
まず、仲間を信じることだ。特に先生である。先生は合格をするためにたくさん努力をしてくれている。それを信じることで必ず報われる。もちろん、先生の言うことだけを聞けば合格するわけではない。自分でしっかり復習し、苦手分野を克服することが大切だ。そうすれば、受験当日も、自信がわいてきて合格ができる。
次に、不安を考えないことだ。計算ミスをしたらどうしようとか、問題を読み間違えたらどうしようとか、不合格だったらどうしようと考えていたら、頭の中、心の中が不安でいっぱいになり、問題に集中できなくなってしまう。絶対にできると自分に言い聞かせると、自分の本当の力が発揮でき、悔いのない受験にすることができる。
だれにでも受験に合格する可能性は存在している。最後まであきらめず努力することが大切だ。

奈良女子大附属中 合格 奈良教室 H.Rくん(大宮小学校)

no image

 僕が合格できたのは、自分の努力もあるが、それだけではないと僕は思っている。だから、この合格は僕だけのものではない。僕が合格というものをつかめたのは、一緒にがんばって一緒に合格しようという仲間が多くいて、さらに先生が最後までしっかり教えてくれたからだと思う。
 塾に来たときは、βクラスから始まった。入ったときはかなり緊張していたが、たくさんの仲間に囲まれてすぐに緊張がほぐれ、すぐみんなで女子大のことを語り合っていた。休み時間は色んなことを話していたが、入試日に近づくにつれ、緊張感がましてきて、前日は、時が止まっていると思うほど、静まり返っていた。当日同じαクラスの仲間が後ろの席だったことも、いつもと変わらない状態でいつも通りの力を出せた。そして合格へとたどり着いた。
 僕は今までずっと支えてくれた仲間、先生、そして家族、すべての人に感謝したいです。ひのき塾の先生方、お父さん、お母さん、仲間たち、本当に今までありがとうございました。

奈良女子大学附属中等教育学校 合格 学園前教室 Y.Yくん(奈良女子大学附属小学校)

no image

 僕の一週間は、あっという間でした。なぜかというと、毎日宿題に追われていたからです。一つの授業が終われば、次の授業の宿題というようなものでした。ここから、短い時間で内容をこなすことが大切だと学びました。
 国語では、竹内先生が宿題の赤本プリントで、記述の多い中学校を選んでくださいました。算数では、中塩先生に気軽に分からない問題をたずねることができました。表現算数では、橋立先生に表現力をみがいていただきました。
 そして、試験当日、多くの先生が近鉄奈良駅に集まってくださって、励ましの言葉を言ってくださったから、がんばることができました。
 合格という結果を出せたのは、ひのき塾のおかげです。ありがとうございました。

奈良女子大学附属中等教育学校 合格 学園前教室 料治和花さん(奈良女子大学附属小学校)

私がひのき塾に入塾したのは小学5年生の頃です。
 ひのき塾では、学校生活と塾を両立できるように授業が設定されていて負担も少なく、入塾したてで慣れていないときも自分のペースで通うことができました。
 また、同じ志をもつ仲間が多くお互いにはげましあって、頑張ることができました。
 私は、奈良女子大附属小学校の内部生でしたが、附小生用の対策をしてくださり、表現の教科にも自信をつけることができました。
 試験当日も朝早く多くの先生がかけつけて応援して下さったおかげで緊張せず、落ち着いて受験にのぞむことができました。
 合格できたのは最後まであきらめずに指導して下さったひのき塾の先生方と、共に励まし合えた仲間がいたからです。頑張れば、実現できるんだということを忘れず、中等学校で頑張りたいと思います。ありがとうございました。

奈良女子大学附属中等教育学校 合格 学園前教室 N.Hさん(奈良女子大学附属小学校)

no image

私は、6年生のはじめごろにひのき塾に来ました。ひのき塾だと学校との両立がしやすく、国立に特化した学習と思ったからです。
 入ったときは、算数と「どうしてそうなったのか」という説明が苦手でした。算数は、先生に志望校であった奈良女子大学附属中等教育学校の連絡進学でよく出るところを教えてもらい、どんどん解いていきました。10月から十数年分の過去問を何回も繰り返してやっていき、コツをつかんでいきました。わからないところは先生にわかるまで教えてもらい方法を暗記しました。
 入試が近くなっていくと、「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」とあせってしまうときも多く、どれをしたら自分の為になるのかわからなくなりました。先生に相談すると、「間違えたところ、分からなかったところをもう一度やる。いろいろやってしまうと自分の為にならないし、生活リズムも乱れてしまう。朝型にして、朝にやったら一番いい」という返事がもらえました。朝起きて、やり直しをしてみると、授業の前に先生にきけるし、弱いところをその日にやるということもできました。
 本番は、きんちょうしていたけれど、先生からはげましのメッセ―ジをもらい「私はできる」とおもって臨みました。
 ひのき塾に入って自分の志望校対策をすることで他では味わえない学習ができました。ありがとうございました。

見学・相談申し込みなど
お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ