TOPに戻る

見学・相談申込み

合格者の声

SUCCESS VOICE

2019年度

北海道大学 文学部 人文学科 合格 郡山教室 福本 凪 さんさん(郡山高校)

no image

私は、北海道大学文学部人文学科に合格しました。
国立中学に特化した「ひのき塾」を見学した時には、もう入塾を決めており、母に「この塾で頑張る!」と話したことを覚えています。あれからもう7年が経ちます。私の3度の受験は、ひのき塾と共にありました。

 高校3年の4月に、高校受験以来訪れていなかった郡山教室を訪ねました。どの先生もあたたかく迎え入れて下さり、「やっぱり、ひのき塾が好きだなぁ」と思っていました。
 私は、英語だけを他塾で受けて、国数理社の4教科を集団で受講しました。「ひのき塾」ほど、集団の形式で幅広く学習範囲をカバーしてくれる塾は珍しいです。特に通っていたもう一方の塾と違い、受講していない教科の先生にも添削などをお願いすることができる点でも、ひのき塾の面倒見の良さを感じました。

 夏と冬の勉強合宿では、ひと部屋に高3生全員が集まり、お互いに刺激し合いながら、とことん勉強できる環境が整っています。休憩時間や睡眠時間が短く、予想以上のハードさでしたが、合宿を経て高3生の絆も深まり、忍耐力もつけられたと感じています。

 郡山教室には、高校生優先の自習室があり、かつ、ひのき塾は比較的少人数指導でもあるため「自習室がいっぱいで勉強ができない」なんて事は一度もありませんでした。大学受験を突破するための勉強は質が大事になってくると思うので、生徒数や規模の小ささによった、きめ細かな指導は「ひのき塾」の強みだと思います。

 ここで後輩に伝えたいことを書いておきます。まずは体調管理の大切さです。試験だけでなく模試や講習の1回も無駄にするべきではないため、意識的に野菜を摂り、睡眠時間も確保して下さい。次に自習室を活用することです。自分では塾に向かう気が起きにくい人は、友達と時間を決めて一緒に勉強すると良いと思います。共に切磋琢磨できる友達の存在は何にも代えがたいものです。最後に模試をないがしろにしないで下さい。模試は、志望校判定のためだけの機会ではありません。自分の勉強の成果を感じられると同時に足りない部分が分かります。模試や日々の演習で間違えた部分はノートにまとめておき、次は間違えないようにすると質の高い勉強ができていると言えます。

 ひのき塾の先生は、本当に生徒想いで、勉強計画や進路についての相談にも多くの時間を割いて下さいました。先生達と出会って経験した全てのことが、今の合格に繋がっていると思います。本当にありがとうございました。

見学・相談申し込みなど
お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ