TOPに戻る

見学・相談申込み

合格者の声

SUCCESS VOICE

奈良女子大学附属中等教育学校 合格 学園前教室 N.Hさん(奈良女子大学附属小学校)

no image

私は、6年生のはじめごろにひのき塾に来ました。ひのき塾だと学校との両立がしやすく、国立に特化した学習と思ったからです。
 入ったときは、算数と「どうしてそうなったのか」という説明が苦手でした。算数は、先生に志望校であった奈良女子大学附属中等教育学校の連絡進学でよく出るところを教えてもらい、どんどん解いていきました。10月から十数年分の過去問を何回も繰り返してやっていき、コツをつかんでいきました。わからないところは先生にわかるまで教えてもらい方法を暗記しました。
 入試が近くなっていくと、「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」とあせってしまうときも多く、どれをしたら自分の為になるのかわからなくなりました。先生に相談すると、「間違えたところ、分からなかったところをもう一度やる。いろいろやってしまうと自分の為にならないし、生活リズムも乱れてしまう。朝型にして、朝にやったら一番いい」という返事がもらえました。朝起きて、やり直しをしてみると、授業の前に先生にきけるし、弱いところをその日にやるということもできました。
 本番は、きんちょうしていたけれど、先生からはげましのメッセ―ジをもらい「私はできる」とおもって臨みました。
 ひのき塾に入って自分の志望校対策をすることで他では味わえない学習ができました。ありがとうございました。

見学・相談申し込みなど
お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ