TOPに戻る

見学・相談申込み

合格者の声

SUCCESS VOICE

中学部

北野高校 文理学科  西大和高校  洛南高校 合格 上本町教室 河村 衿加さん(平野中学校)

no image

私は、中学受験をしました。入試日まで百日を切った頃に、一度ひのき塾にお世話になりました。入試が迫っていて忙しい時期に、ひのき塾の先生方は、私を優しく指導して下さいました。しかし、受験した2校とも不合格という結果に終わってしまいました。悔しかったので3年以上経った今でも合格発表が終わってからの帰り道の様子や、その時の受験番号も覚えています。

 中学生になり、授業時間と電車の時間の関係で私はひのき塾を卒業しました。中学1年生から私は高校受験を意識しました。その時から、公立高校は、北野高校と決めていました。私の中学校では、1年生から勉強に重点を置く子はおらず、よく「ガリ勉」と揶揄されたものでした。いろいろと言われ続け、そこで勉強をやめても良かったのですが、中学受験の結果が私を何度も奮い立たせました。

 そんな時、ひのき塾が大阪に教室を構えるとホームページで知り、私は中学2年生で上本町教室に入塾しました。そこで、久しぶりに、ひのき塾の先生方と再会し、変わらず優しく接して下さいました。先生と生徒の距離が近いのが、ひのき塾の良いところだと思います。たまに楽しそうな会話が聞こえてきます。

中学3年生になり、周りも受験モードになって、その上勉強も難しくなりました。しかし、はじめは苦手だった数学が突然、夏頃になってできるようになり、入試での大きな武器となりなりました。

 ひのき塾で授業を受ける最後の日に、先生方が応援の言葉をかけてくださった時は、とても嬉しかったです。その時の言葉を胸に、一番最初の奈良県私立の入試に臨みました。

 そこから月日が流れるのは早く、あっという間に京阪神の私立入試が終わり公立の入試を迎えました。合格発表は8日後で、その間少し緊張しました。

何度も中学受験の記憶が頭をよぎりました。

 午前10時に掲示される合格者発表を見に行くとき、9時55分からの5分間は長く感じられました。

 結果は合格でした。

 何度も受験票を見直しました。悔しかった思いから解放され、ひのき塾の先生たちに「合格」という形で恩返しできることを嬉しく思いました。今まであきらめずに努力を続けてきて本当に良かったと思います。

 支えてくれた家族やひのき塾の先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

 そして、我がひのき塾は永久に不滅です。

沖縄高専 合格 奈良教室 K.Rくん(奈良教育大学附属中)

no image

僕がひのき塾に通う中で、受験に良いところと感じたのは、塾生間の交流と先生方の丁寧な対応でした。塾生間の交流は、少人数だということもあったと思いますが、苦手な問題を教え合うことで、その問題をよく理解することができたり、休み時間の雑談により次に勉強するときには、リラックスして問題を解くことができたりしました。そして、先生方は丁寧な対応をしてくれ、中学1年生のときからずっと支えてくれました。簡単な問題でも、手順の一つ一つをなぜそうなるのか細かく教えてもらえたので、応用問題も解けるようになりました。夢への第一歩を踏み出すことができたので、ここまで導いてくれた家族、友だち、先生に感謝します。

郡山高等学校、奈良育英高等学校、近畿大学附属高等学校 合格 --- Y・Sさん(片桐中学校)

no image

私は、郡山高校に合格しました。中3の夏のV模試ではE判定でとても落ち込んで辛くて諦めかけていました。何度も頑張りました。私はどうしても郡山高校に行きたかったので、冬休みは朝から夜まで死ぬ気で頑張りました。塾の先生にはたくさん迷惑をかけて、たくさん怒られたけど、全てが私の思い出です。この塾に来て良かったです。
ありがとうございました。

畝傍高校・育英西高等学校・近畿大学附属高等学校 合格 --- M・Mさん(郡山南中学校)

no image

畝傍高校、合格しました!
私は2年生の3学期から入塾したのですが、最初は数学が本当に苦手で成績の足を引っ張る原因だったのですが、塾に入ってからは学校の定期テストで90点台を連発できるようになりました。それによって勉強のモチベーションが上がり、他の教科もがんばることができました。最終的には平均偏差値も上げることができました。
私はこの塾で勉強だけではなく、根気強くがんばることで目標や夢を叶えることができることを学びました。これからもこの受験で学んだことを忘れずがんばっていきたいと思います。

畝傍高校 合格 --- Y・Sくん(郡山中学校)

no image

3年生になって一年間、受験校に合格するために勉強してきた。合格した瞬間生まれて一番うれしかった。テストを受けたときの手ごたえはよかったが、それでもかなり緊張した。
僕は水泳をしている。公立受験の一週間前まで泳いでいた。勉強と水泳の両立は1年生のときからしているので、慣れていた。だから、だから、受験のときも同じように勉強も水泳もできていた。僕は今年の夏、全国大会に出場することを目標にしている。できるだけ長く泳いで体をなまらないようにするために、受かってからも泳いでいる。

一条高校 合格 --- S・Sさん(都跡中学校)

no image

私は一条高校に合格しました。倍率が1.4倍と過去にない高さに私は心が折れそうになりました。三学期に体調を壊すことが多く、あまり勉強できませんでした。でもできるだけのことはしました。学校や塾の先生、友達、家族にはげましてもらったから合格できたと思います。塾の授業がわからなくなったり、学力診断テストで思うように結果が出なかったり本当に辛い時間を過ごしました。でも、その分、合格できたときは本当に嬉しかったです。

奈良北高等学校・奈良育英高等学校・上宮高等学校 合格 --- M・Mさん(郡山西中学校)

no image

私は奈良県私立は育英高校、県外私立は上宮高校に合格しました。そして、志望校だった奈良北高校理数科に合格することができました。
私は正直、3年生になっても受験というものを意識していませんでした。しかし、受験が迫ってくるにつれ、意識するようになり、焦りが出てきました。しかし、周りのみんなが一所懸命勉強する中、その頃まだ志望校が決まっていなかった私は勉強に取りかかることができず、塾に行ったり、自分で少しワークを解いていただけでした。しかし、ひのき塾でいろいろと学んでいくうちに数学がだんだん面白くなっていき、もっと数学を学びたいと思うようになりました。
実際私は奈良北高校理数科に合格すると思っていませんでしたが、ひのき塾の先生に励ましてもらい、自信をもって受験に臨むことができ、無事合格することができました。だから私は支えてくれた先生や両親に感謝し、高校生活を頑張りたいと思います。

大阪教育大学附属高等学校平野校舎・奈良育英高等学校・京都桃山高等学校 合格 郡山教室 K・Tくん(奈良教育大附中学校)

no image

今回の高校受験でぼくは、第一志望であった大教大平野へと感動合格出来ました。今回の受験でぼくは、改めて先生や学校の友人の支えの大切さに気付くことが出来たと思っています。
ぼくは、中学3年生から郡山教室で学校帰りに自習に行くようになりました。元来、頭が良くはなかったのですぐにつまずき、受験がいやになることもよくありました。中でも英語と数学が出来ていなかったので、先生方に何度も質問したり勉強方法を聞いたりしていました。具体的に言うと、英語の長文問題集を一日一問ずつ夏休み中に行うといったものでした。最初の方こそ意味が分からへんといった気持ちばかりでしたが、それでも続けると少しずつ点数が上がっていきました。また、勉強ばかりしないといけない夏休みといったイメージが自分の中にあったのですが、実際だとそんなことはなく夏祭りに行ったり、塾の仲間としゃべったり、メリハリをつけるとそうでもなかったです。でも、勉強は今までにない程やった覚えはあります。正直、しんどかったです。
勉強をしていくと、絶対に分からない所が出てきてきました。そんな時には、周囲の人達がとても支えになりました。友人とお互いに勉強を教えあったり、自分が教えてほしい先生のいる教室へ行ったりしました。一見きついなと思っていましたが、その労力は受験に合格する上で必要なことだと今では思います。こんな努力?というか自分的に粘り強く向きあったから今は、本当に楽しい毎日を過ごせて、最高です。

一条高等学校・奈良育英高等学校・桃山学院高等学校 合格 --- O・Kさん(郡山南中学校)

no image

私は小学校5年生の冬からひのき塾に通っていました。中学校に入学し、1・2年生の間はテスト期間しか勉強していませんでした。3年生から頑張ろう。そう思っても人間すぐには変われません。3年生の一学期も気付けば終わっていました。私が勉強を始めたのは夏休みが終わる頃です。夏休み中に受けた実力テストが返ってきて、自分の実力のなさにおどろきました。このままでは志望校には行けない、そう思ったので毎日塾に通い勉強しました。苦手教科は、集団授業だけでなく個別の授業も受けたり、土日は昼から塾に行き自習をしたりしました。わからないことは先生に質問して苦手を少しでもなくせるようにがんばりました。冬期講習期間中は、毎日授業があり、正直しんどくて、行きたくないと思うこともたくさんありました。数学は毎週居残りをして、プリントをして…のくり返しでした。でもそのおかげで身に付いたことも多く、自分のためだと思うと嫌にはなりませんでした。そして、無事に志望校に合格することができました。辛いこともたくさんあったけれど合格したときの達成感はとても大きいものです。今まで私を教えてくださったひのき塾の先生方、そして家族には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。そして、来年受験生になる人は、受験なんてまだまだだと思わす毎日勉強をがんばってください。

奈良工業高等専門学校 合格 --- F・Rくん(奈良教育大学附属中学校)

no image

僕の入試は1月23日と周りの人よりも早い時期にありました。そのため、他の人とは違う早いタイミングから勉強を始める必要がありました。みんなはまだ大丈夫と余裕があるなか、クラブチームでのサッカーと勉強の両立が難しく、かなり焦っていました。しかし、その状況を救ってくれたのがひのき塾の先生たちでした。短い期間で僕が苦手な教科や範囲を理解できるように詳しく教えていただき、入試前には、面接の練習も熱心にしてくださいました。
その結果、高専に合格することができました。合格通知を見たときは、うれしさや達成感、受験からの解放感といった感情が心の底からわき出てきました。これが先生たちが言っていた「感動合格」なんだ、と実感しました。合格できたのは、陰でずっと応援してくれた親や、サポートしてくれた先生たちがいた結果だと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

大阪教育大附属平野高校 合格 --- T・Mさん(奈良教育大附属中学校)

no image

私は3年の夏には夏になるまで、志望校が見つからなかったことにより、目標が見当たらず、漠然と勉強をしていました。しかし、夏ごろに、大教大附属平野高校のことを知り、「私にはこの学校しかない」と感じて勉強に本腰を入れ始め、そこから塾の自習室に毎日通うようになりました。
自習室に通いだしてわかったことは勉強の仕方です。私は、理科と社会が苦手だったので、逃げてばかりいましたが、このままではいけないと思い、ワークや問題集を何回も解くようになりました。そのときに自分の苦手分野に気付き、解説を読んでも理解できないところは先生に質問して教えてもらいました。わからなかったところがわかるようになり、勉強が楽しいと感じるようになりました。そして、わからないところを聞いていたおかげか、先生から私の苦手分野だけをまとめたプリントも作ってもらえました。
このようにたくさんの人に支えられて、志望校を目指す気持ちがさらに高まり、勉強に集中することもできました。最後まで諦めない気持ちを持って努力してきたことにより、結果がついてきたのだと思います。私は受験を通して、日ごろの勉強と最後まで諦めない気持ちの大切さを改めて感じました。

同志社国際高校 合格 --- N・Kくん(三郷中学校)

no image

中学3年生の一学期、私は大失敗をしてしまいました。内申点を左右することになる最初の期末テストで過去最低点を取ってしまい、他の同級生に大きく差をつけられてしまったのです。このままでは第一志望校である同志社国際高校には合格できないと思い、友人のすすめもあって、定期テストに強いと評判の他塾に移ることも考えました。しかし、檜塾の先生に「実力を一番伸ばせるのは夏休みや、絶対に成績を上げたるから大丈夫」と言って頂き、私はその言葉を信じることに決めました。得意・不得意に合わせて行われた1教科ごとのクラス編成や、日々の復習を兼ねた小テスト。宿題もポイントをおさえながら適量におさめられていて、自分のしたい勉強と並行して無理なくこなすことができました。このように檜塾独特の無駄のないシステムのおかげで、私は効率的に受験勉強を進められただけではなく、「自分で勉強する力」を身につけることができたのだと思いました。
中でもすごいのは、檜塾の先生方です。私たち一人ひとりにきちんと向き合ってくださり、相談にも乗ってくれました。また、質の高い授業は、本物の熱意が伝わってきました。
授業時間が長く、辛いはずの勉強合宿でさえも、理解できる楽しさを見出すことができました。伸び悩んでいた偏差値もぐんと上がり、テストでも高得点を取れるようになって、本当にうれしかったです。合格発表の掲示板に自分の番号が書かれているのを見たときは、心の底から檜塾をえらんでよかったと思いました。夏休み前のあの時に他塾に入っていたら、きっと思うように自分の実力をあげられず、志望校をあきらめていたと思います。檜塾の先生方には、感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございました。

奈良北高校 合格 --- I・Hくん(郡山南中学校)

no image

合格発表の日は、今までの頑張りを一番実感できた日でした。
遡ること7か月前、頑張らなければならないと思い、勉強をし出したのは部活が終わった夏休みの日でした。これから頑張りはじめて間に合うのかと不安になりましたが、やるしかないと思いました。
僕は奈良北を希望していましたが、そのときの学力では、到底かなわないレベルの学校でした。その奈良北を今日、この日受かったんだと、実感できました。
夏休みの日から、合格発表までの7ヶ月間は、僕の人生のなかで、大きな経験となりました。ここまで勉強してきてよかったと思えました。

奈良工業高等専門学校 合格 --- M・Yくん(天理中学校)

no image

僕はあこがれの奈良高専に、推薦入試で合格しました。この入試は一月十八日にあり、他の私立や公立の入試よりも圧倒的に早いです。その分、ほかの受験生よりも早くに受験モードに入らないといけませんでした。周囲の人は、まだまだ日にちに余裕があると思っているので、中学校ではなかなか勉強できるような雰囲気になりませんでした。しかし僕は、周りに流されてたまるかと思い、がんばりました。推薦で受かれば一番に受験を終えることができるというのも励みでした。
この受験勉強を通して、周りの空気に流されずに自分のペースをつかみ、信念を貫くことの大切さを学びました。高専は自由な学校と聞いています。怠けて成績が落ちても、誰も叱ってくれないでしょう。そうならないためにもこの受験は、僕にとって貴重な経験になりました。塾や学校の先生方にも、親にも、感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

東大寺学園高等学校 合格 --- N・Kくん(郡山西中学校)

no image

僕は東大寺学園高等学校に合格することができました。しかし、最初から過去問で点数を取ることができたわけではありません。特に苦手としていた科目は数学で、模試や定期テストでも偏差値が低く出ていました。それでもあきらめることなく、ひのき塾の先生方に解法を教えていただいたおかけで、数学を僕の一番得意な科目にすることができました。また、国語の記述問題や英語の和文英訳問題を先生方に添削していただいたおかけでもともと得意であった科目をさらに伸ばすことができました。その結果、見事合格することができました。
ここまで来ることができたのは、ひのき塾の先生方のサポートのおかげだと思います。本当にひのき塾には感謝の思いでいっぱいです。

育英西高校 立命館コース 合格 --- A・Mさん(郡山中学校)

no image

私は小学校6年生のときにひのき塾に入りました。私はこの学校に感動合格したいと強く願っていました。だから、合格通知を見たときは、いつの間にか涙がこぼれていました。「あ、これが感動合格なんだ」と感じました。感動合格は言葉では表すことができなく、今まで体験もしたことのない気持ちだったと思います。うれしさ、楽しさ、達成感、解放感といった感情が全部ごちゃまぜになったような気持ちでした。その瞬間に「ひのき塾の先生に伝えたい」と思い、すぐに塾に知らせに行きました。
ひのき塾の先生たちは、生徒思いで、一緒に受験で戦いました。時にはおもしろく私たちを笑顔にし、時には厳しい言葉で叱ってくれました。また、ひのき塾に通っている他の生徒も、やさしく応援してくれました。そんなひのき塾には、感謝しかありません。高校生になってもよろしくお願いします。

見学・相談申し込みなど
お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ