TOPに戻る

見学・相談申込み

小学部

なぜそうなるのかにこだわる授業は、
本当に面白い。

2017年度入試 国立中学への進学決定率86.7%

ひのき塾だからできること

ポイント01

志望校合格に向けて 確実にステップアップ

独自の学習カリキュラムと教材で基礎から応用まで完全サポート。確実な学力アップを図ります。

ポイント02

より実践的な問題解決力 が身につく

国立中学入試問題だけを集約した独自の「国立中学問題集」を作成。より実践に近い学習が可能です。

ポイント03

中学入試で必要な 「表現力」を育成

ひのき塾では、通常の国算理社とは別に、表現国算理社の授業を設けることで、国立入試に欠かせない表現力の育成を行っています。

ポイント04

現在の実力を把握して 着実に合格を狙う

髙い的中率が自慢の「そっくり模試」や「アタックテスト」などで現在の実力を把握します。その上で、一つ一つの課題を発見し、確実に解決していくことで、志望校合格へ導いてまいります。

なぜそうなるのかにこだわる授業は、
本当に面白い。

それは、物事の道理に触れることが勉強の本質そのものであるからなのです。知的好奇心を刺激された子どもたちは、みんな口を揃えて「おもしろい」と笑顔を見せます。
その「おもしろい」という感動は、「誰かに伝えたい」という気持ちを芽生えさせます。2020年の大学入試改訂において注目されている「表現力」の源が輝きはじめるのです。合格させるためだけの詰め込み指導で、一体何を将来に積み重ねていけるのでしょうか?ひのき塾にご期待ください。

小学1年生~小学2年生

読み、書き、計算。そして表現。 一人一人に合わせた個別指導で学力アップ。

  • 学習習慣の確立

ひのき塾では、学力の基礎作りを担うこの学年において、国語に速読を導入し、文章から様々な情報を収集する能力を育みます。算数においては、四則計算力の向上だけでなく、文章題や図形問題に挑戦する中で、「考える」ということを学んで行きます。
「パズル道場」「プログラミング」「レプトン(英語)」といった講座から始めていただくことも可能です。

読み、書き、計算。そして表現。一人一人に合わせた個別指導で学力アップ。

小学3年生

集団指導と個別指導を融合させた授業スタイルで 考える力を育む。

  • 学習習慣の確立
  • 基礎学力の定着

ひのき塾では、小学3年生を「考える」ということにじっくり取り組める学年と捉えています。国語や算数の様々な良問と対峙したときにすぐあきらめるのではなく、粘り強く考えるという習慣がつけられるように指導していきます。国語には速読を導入し読み取る力を育みます。

集団指導と個別指導を融合させた授業スタイルで考える力を育む。

小学4年生

国立入試合格を勝ち取る土台を作る。

  • 学習習慣の確立
  • 基礎学力の定着
  • 副教科特訓

ひのき塾では、小学4年生を奈良女子大附中学・大教大天王寺中学といった難関国立中学の合格を勝ち取るための基礎学力基礎表現力育成に取り組む学年と考えています。国算に加え理社や副教科実技対策が選択できるようになるのも(教室によって異なります。)この学年からです。また、小4生よりアタックテストが選択できるようになります。国語の授業では、一人ひとりにiPadを準備し、速読学習を行うことで、読解力を育みます。

集団指導と個別指導を融合させた授業スタイルで考える力を育む。

小学5年生

最重要学年を充実させる。

  • 学習習慣の確立
  • 基礎学力の定着
  • 副教科特訓
  • 応用力の強化

ひのき塾では、中学受験の有無に関係なく小5という学年を小1から中3の9年間の中で最も重要な学年と考えております。算数では、割合・多角形・円・平均など重要なところが目白押しとなり、国語では、語彙・文法・読解の全てにおいて難易度が高まります。理社の専門性が高まり、正式科目となる英語は、中学1年の前倒しとなり、かなり本格的な内容となります。ひのき塾では、小5生より算国理社+表現国算+英語(教科選択可)といった科目設定を敷き(算数の授業時間を他教科の2倍以上)「授業で伸ばす」という理念のもと、十分な授業時間を確保してまいります。これらのシステムは、ひのき塾の「なぜそうなるのかにこだわる授業」と相まって驚くべき学力の伸長を成し遂げます。
この学年より、サンデートレーニングは、国算+副教科実技となり、大教大附属天王寺中・奈良女子大附属中などの「そっくり模試」に挑戦できます。

最重要学年を充実させる。

小学6年生(受験コース)

国立中学受験専門コースで 揺るぎない合格力を身につける。

  • 学習習慣の確立
  • 基礎学力の定着
  • 副教科特訓
  • 応用力の強化
  • 苦手教科の補習
最重要学年を充実させる。

ひのき塾の中学受験コースは、国立中学受験専門ですので「大教大天王寺中」「奈良女子大附属中」「神戸大附属中」といった国立難関校の合格を真正面から捉えていくことができますので、無理無駄のない対策が可能です。

  • どの塾よりも国立入試に合った「授業」を行う。
  • どの塾よりも国立入試に合った「教材」を用いる。
  • どの塾よりも国立入試に高い「合格率」を目指す。

このような骨太の指導方針のもと、表現理科・社会を昨年度より新たに設定し、国算理社+表現国算理社+英語(教科選択可)という教科設定となります。更に、「ブラック」(算数の授業前表現補習)「スピード」(速記)といった独自の取り組みも合わさり、揺るぎない合格力を身につけて行きます。また、サンデートレーニングは、志望校別にコース設定がなされ、副教科実技(大教大天王寺中、京教大桃山中)・作文(大教大天王寺中)・面接(奈良女子大附中)・ディベート(大教大平野中)といった対策を主要教科に併せて受講いただけます。

小学6年生(公立進学コース)

受験生徒に引けを取らない基礎学力と 勉強のやり方を確立

  • 学習習慣の確立
  • 基礎学力の定着
  • 副教科特訓
  • 応用力の強化
  • 苦手教科の補習
最重要学年を充実させる。

なぜ中学生になるとこれほどまでに学力差がハッキリ現れてくるんでしょうか?「小学校の時は、それほど悪くなかったのに中学になってから心配になってきた。」「中1のスタートはまずまずだったのに、2学期になってから英語と数学が急に悪くなり出した。」
中学生になってから、成績を安定させて行くためには、小5、小6の学習内容の理解がとても大切です。特に小5の一年間は、重要な鍵を握っています。小学校高学年の学習内容がしっかりしていれば、例え中学生になってからクラブばかりに熱中し成績が伸びない状態が続いたとしても、大崩れはしませんし、高校受験モードにスイッチが入ってからの伸びも全然違います。2018年から始まる英語もとても重要です。

ひのき塾の公立進学コースは、中学受験はしないが、高校受験に備えて、中学受験をする生徒と同等の学習をさせたいというご要望の方に「公立進学プログレスコース」。
他の習い事と両立させたいので、曜日と時間を限定したい。コストも抑えたい。というご要望の方に「公立進学スタンダードコース(郡山教室限定)」2つのコースから選択が可能となります。
ひのき塾の「なぜそうなるのかにこだわる授業」は、学習意欲を高め基礎学力を安定させて行きます。確認テストも定期的に行うことで理解度の確認にも余念がありません。「基礎学力の定着と勉強のやり方の確立」を目指した指導に是非ご期待ください

集団+個別
ハイブリッド型の新スタイル

集団と個別を
併せて受講すると

授業料

10%
OFF

ひのき塾では、「集団」と「個別」を併せて受講することが可能です。
それぞれの良いところを組み合わせたハイブリッド型の授業形式で着実に成績アップを実現させてまいります。

集団授業で得意科目をさらに伸ばす

集団の良いところ

  • 幅広く質の高い学習内容
  • 仲間と共に切磋琢磨
  • 勉強意識が強まる学習環境
集団授業で得意科目をさらに伸ばす

個別指導で苦手科目を克服

個別の良いところ

  • 苦手なところを徹底指導
  • 質問しやすい学習環境
  • 都合に合わせた学習設定
個別指導で苦手科目を克服

コース案内

見学・相談申し込みなど
お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ