TOPに戻る

見学・相談申込み

合格者の声

SUCCESS VOICE

奈良女子大附属中学校 合格 --- R・Yくん(登美ヶ丘小学校)

no image

ぼくは、小5のときにひのき塾に入りました。勉強で一番印象に残っているのは、5年生・6年生のときも、冬期講習のときに行った勉強合宿です。全3日間のほとんどが授業であるため、とても疲れたのが印象的だったからです。2番目に印象に残っているのが、奈良女子大学附属中等教育学校や大阪教育大学附属天王寺中学校のそっくり模試です。そっくり模試は、問題の内容や会場をできるだけ、その学校に近づける模試で、解説授業もあるため、その日のうちに模試の問題の分からなかったところや間違っていたところがわかるので、反省をいかせます。5年生のときに受けた女子大のそっくり模試では、分からないところが多く点数がとても悪かったため、一度模試をうけませんでした。しかし、その後6年生になってから、再び女子大模試を受けたとき、点数がとても良くなっていたため、それ以降はまた模試を受けるようになりました。6年生の夏期講習や冬期講習は、1週間に4日や5日授業があり、さらに木曜日や金曜日は、夜遅くまでの平常授業が重なるためとても疲れます。
さらに、6年生の1月は受験直前であるため勉強量がとても多くなり、毎日家でかなりの量の勉強をするようになりました。その苦労の結果、奈良女子学附属中等教育学校に合格することができました。2年間塾で勉強するのは苦労したけれど、苦労の末に合格できたのでとてもうれしいです。

見学・相談申し込みなど
お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ