TOPに戻る

見学・相談申込み

合格者の声

SUCCESS VOICE

奈良女子大学附属中学校・京都教育大附属桃山中学校 合格 --- S・Oさん(飛鳥小学校)

no image

私は、5年生の最初のころからひのき塾に通いはじめました。ひのき塾では、なぜそのようになるのかということをていねいに教えてくれました。特に塾長のひのき先生は一単元一単元のテストをこまめに行い、分かるようになるまで教えてくれて私が得意でなかった算数もだんだんできるようになってきました。
また、ひのき塾では夏と冬に二泊三日の勉強合宿があり、朝から夜までみんなでがんばって勉強します。二日目には、女子大模試があり、三日目の打ち上げパーティで上位10名ほどの人が表彰されます。私は、5年生の夏期の勉強合宿は入賞できずに悔しい思いをしましたが、その悔しさをばねに、5年生の冬期合宿は三位、6年生の夏期、冬期も5位という好成績を修めることができました。ひのき塾の模試では、模試終了後すぐに解説があり、間違えてしまった問題を自分のものにしやすいといいう利点があります。
そして通常授業では、「表現算数」「表現国語」といった授業があります。「表現」という授業は記述問題をとにかく解いていき、女子大などで必要とされる説明力をみがくことができます。また、問題を解く速さをみがくための特訓もあります。私は、これらの授業で表現をしっかりみがいたことで女子大の試験に万全の状態でのぞむことができました。
もう一つ、ひのき塾には京都教育大附属桃山中学校や大教大附属天王寺中学校のために副教科対策があります。図工や音楽は専門の先生が来てくださり、ていねいに教えてもらうことができます。
私は、京都教育大学附属中学校と奈良女子大学附属中学校を受験しました。京都教育大附属中学校も数日前にもらった必勝ハチマキを手に受験して合格することができました。また、女子大の試験もひのき先生が言ってくれた「落ち着いてやれよ」という言葉を胸にがんばり、合格することができました。
私がここまでやってこれたのは、これまで支えてきてくれた先生方や家族のみんな、そして良いライバルであり仲間であったみんなのおかげです。

見学・相談申し込みなど
お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ