TOPに戻る

見学・相談申込み

教室ブログ

CLASSROOM BLOG

郡山教室 感動合格2020 vol.3 郡山 教室

2020.02.07 お知らせ

まだまだ続く感動合格の声・・・

「こんな気持ちで頑張ってたんや」

作文に目を通していると、受験を通じて成長する生徒達の本心を知ることができ、

「合格にはドラマがあり、まさに感動合格」

毎年のことですが、再認識させられます。さて、

多くを語らない頑張り屋 そんな男の子が 鈴木 恭太郎くん です。是非、彼の「感動合格の声」をご覧ください。

国立最難関の奈良女

68名受験 33名合格

圧倒的合格率

 

奈良女子大附属中学校 合格

都跡小学校 6年 鈴木 恭太郎 くん

ぼくは、6年生の7月の奈良女子大学附属中学のオープンスクールに行って、「ここで学びたい」と思い、夏期講習からひのき塾に通い始めました。塾も受験も共にに初めてだったので、最初は全く授業がわからず、他の時間に何をすればいいかも分かりませんでした。だけど、一か月もしないうちに授業の内容は分かるようになってきて、空き時間にすることもわかるようになってきました。
ひのき塾にしてよかったことはそっくり模試があったことです。なぜなら、そっくり模試の結果を見て苦手なところが分かったからです。
 あきらめてかけていた時期もあったけど、授業を受けていくたびに自信がつき、試験前は塾で自習を頑張ることができました。
 そして、試験当日、受験なんてただのテストだと自分に言い聞かせて、一度きりだから、頑張りながらも楽しみました。合格発表の日、合格者の中に自分の番号があって、ぼくは心の中でほっとしました。
これから受験する人は、あきらめない心が必要だと思っています。頑張って下さい。

 

あきらめない心 か・・・良い言葉ですね。先生も大切にしていこうと思います。

この「あきらめない心」を忘れず、

「これからも、がんばっていくんやで」

 

見学・相談申し込みなど
お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ