TOPに戻る

見学・相談申込み

合格者の声

SUCCESS VOICE

2020年度

京都橘高校 合格 学園前教室 K.Dくん()

no image

僕は、ひのき塾に入塾したのが3年生の夏休み前で成績も思うように伸びず悩んでいたころでした。入った直後のころは全然ついていけずに成績が伸びている感覚がありませんでした。
しかし、夏期講習が終わり、模試の結果で偏差値が徐々に上がってきているのを見て、自分では気づいていないだけで、成績が上がっているのだと実感しました。もとは苦手だった英語も好きになっていきました。
12月になったころ、外部模試を受けに行って、夏には偏差値40後半だったのが、初めて英語は60を超えて、勉強に自信がつき、だんだんと他の科目も伸びていきました。
受験当日、4教科順調に進んでいたのが理科でつまずいて、自信がなかったのですが前期の5教科・後期の3教科どちらも第一志望で受かっていました。
僕が受験生に言いたいことは、僕は理科が苦手でつまずいてしまい苦労したので、苦手な教科も諦めずに復習をしていくことが大切だということです。

大教大附高平野 合格 学園前教室 A.Mさん()

no image

もし落ちていたらどうしよう、そのような不安のあるなか結果をみると、大阪教育大学附属高校平野校舎に合格していました。中学受験のとき、行きたかった学校に不合格で受験がトラウマになっていました。二度と同じような経験をしたくなかったので、間違いノートを各教科分つくったり、苦手科目の塾の教材を二・三度繰り返し解いたり、今までしたことがないくらい勉強に励みました。志望校は違いますが、学校と塾がともに同じである友達と競ったり、先生に助けてもらったり、家族に応援してもらったりと、たくさんの人から助けられたと思います。また、小四からお世話になった先生方は、私の性格までわかってくださっているので、とても精神的に気が楽でした。先生方や家族、ライバルの友達、本当にありがとうございました。
高校生になれば、計画をたて、復習を意識して勉強に取り組みたいです。

奈良工業高等専門学校 合格 郡山教室  K. Tくん  郡山中学校3年くん(郡山中学校)

no image

 僕は、塾の友達のT.Kくんと一緒に、たくさん勉強し、切磋琢磨し、奈良工業高等専門学校に合格することができました。
勉強の時には、しっかりと集中し、また苦手分野を克服しながら得意分野をさらに伸ばすことができるように受験に向けて励みました。また面接対策では予想される質問に対する回答を予めしっかり考え、学校で教頭先生と練習したり、イメージトレーニングをしたりして対策をしました。
 本番では、思っていたより簡単な問題ばかりで安心しました。しかし、面接は筆記試験の数千倍緊張しましたが、しっかりと自分の思うことを伝えることができたので、合格につながったのではないかと思います。
合格出来てとてもうれしいです。
残りの2か月をしっかりと遊んで過ごそうと思います。先生方、本当にありがとうございました。

見学・相談申し込みなど
お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ