TOPに戻る

見学・相談申込み

合格者の声

SUCCESS VOICE

奈良女子大附属中学校・大教大附属天王寺中学校 合格 --- 王寺教室 合格体験記さん()

大阪教育大学附属天王寺中学校 合格 T.Eくん(王寺北小)

奈良女子大学附属中等教育学校 合格

自分が受験で培えたことは、家で、きっちり復習すると、理解ができるということです。

入試1、2カ月前までは、気が緩んでいました。自分の心の中で、塾は勉強をするところ、家は休むところとしていたからです。しかし、そんなことをしているだけでは、受かることはできないと気づきました。志望校がどんな学校なのか、どの分野を重点的に出題しているのかを見極め、時間配分に注意しながら、家や塾で過去問を解いていきました。

特に国語では、読解のムラが生じていたので、どんなことが問われているのか、どの部分をぬき出すのか、文章の共通点は何かを復習ノートを使って改めて考えました。

受験を振り返ると、わからないところが出たら、先生に何でも質問して理解するまでやる、家では過去問、塾では演習、帰ってきてからは復習というリズムを作れたので、志望校に合格できたのだと思います。

T.Eくん、本当におめでとう!
思ったように問題が解けなくて、点数が取れなくて、悔し涙を流していたのを、今でも覚えています。

悔しい思いをした分だけ、自分に足りないものが見えたんだと思います。

T.Eくんの将来の夢のプログラマーは、本当に「trial and error」の繰り返しです。この受験で手に入れたことを将来発揮してくれること、期待していますね!



大阪教育大学附属天王寺中学校 合格 米田 勇優くん(王寺小)

ひのき塾に入塾する前は、通信教育で勉強をしていました。受験をしようと決めてからは、あまり効果が感じられず、ひのき塾に入ることにしました。
しかし、入ってみると、自分の知識の少なさ、応用力のなさを痛感しました。そこで、5年生から6年生までのテキストを準備し、塾に置いてある参考書の文章、図、表をノートに書き写し、必死で憶えるようにし、過去問も繰り返し解きました。

通常の授業以外にも、サンデートレーニング、TSTに参加し、普段よりも多い知識、問題の解き方など、たくさんのことを学びました。
そっくり模試では、本番以上の難しさでしたが、重い雰囲気や出題傾向に慣れることができ、助けられました。
こうして、大阪教育大学附属天王寺中学校に合格することができました。塾の先生方、ありがとうございました。
これからも、中学校生活をがんばります。

米田くん、本当におめでとう!
9月まではダンスとの両立に一生懸命取り組み、大変な思いをしたと思います。

わからないことをわかるまで聞いてくれましたね!

そして解決したときの嬉しそうな顔は忘れません。
将来の夢の「考古学者」は、わからないことを明らかにすることに情熱を注いでいかないといけません。新しい発見をしてくれることを期待しています!

見学・相談申し込みなど
お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ