TOPに戻る

見学・相談申込み

ひのき塾ブログ

BLOG

京都教育大学附属桃山中学校H.31入試を占う①
京都教育大学附属桃山中学校

先日、H.31年入試の出願者数が発表されました。

男子 63名   女子 105名

というもので、附属桃山中は、例年、ここからほぼ同数もしくは微減して受験日を迎えますので、実際に受験者数を男子62名、女子103名と予測して、直近4年間の受験者数を比較してみますと

男子 85名⇒63名⇒80名⇒62名    女子 108名⇒92名⇒125名⇒103名

となっています。男女とも2年前のH.29 入試の受験者が近年最も少なかった入試でした。昨年は、通学指定エリアを緩和することで受験者数を大幅に回復させたのですが、今年度は、男女とも昨年より約2割減少し、男子に至っては過去最少となりそうです。

次に、合格者数の予測なのですが、附属小学校からの連絡進学数が分からないので、なかなか踏み込めないところですが、直近4年間の合格者数を振り返ってみますと

男子 28名⇒28名⇒29名⇒29名 とほぼ安定していますので、今年度の合格者数を29名と予測します。

女子 30名⇒28名⇒28名⇒33名 となっており、昨年の33名はここ近年で最も多い人数です。さすがにここまでは難しいと思うのですが、附小生の人数が減少していることもあり、今年度入試もこれに近い数になるのではないかと考えます。よって、32名と予測してみます。

以上のことから、今年度の競争倍率は、

男子 2.14倍   女子 3.12倍

となります。これを直近4年間で比較してみますと、

男子 3.04⇒2.17⇒2.76⇒2.14    女子 3.86⇒3.29⇒3.79⇒3.12 

まだまだ厳しい数値ですが、今までの中で男女とも一番易しいものとなっています。

実際の受験者の学力層ですが、駸々堂テストで附属桃山中を第1志望にしている生徒の平均偏差値を昨年と比較してみます。

   男  子      第 4 回     第 5 回      第 6 回
 2017年 平均偏差値       51      52       49
 2018年 平均偏差値       51      47       49
   女  子     第 4 回     第 5 回      第 6 回
 2017年 平均偏差値       52      51       52
 2018年 平均偏差値       51      50       49

男子は、ほぼ昨年と同じか若干下回りそうな気配ですが、女子は、明らかに易化傾向にあります。もちろん、附属桃山中学の受験科目は、副教科実技を含めた全教科となるので、駸々堂テストの結果だけで判断できることは限られてきますが、副教科を含めた附属桃山中対策をしっかり行ってきたひのき塾生にとっては、大きなチャンスとなりそうです。体調管理に努め、是非とも、感動合格を勝ち取って下さい。

頑張れ受験生! 頑張れ、ひのき塾生のみんな!

京都教育大学附属桃山中学校のブログ一覧

見学・相談申し込みなど
お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ